不動産について

不動産を取得した人に課税される固定資産税

不動産を所有していると、固定資産税が課税されます。
固定資産税の課税対象は、毎年の一月一日に所有している人です。
固定資産税が、ある程度の金額の場合は、売買契約の日時もポイントになってきます。
売却するほうは、基本的に一月一日付けで課税されて固定資産税を納めています。
購入するほうは、購入して不動産登記手続きが済んでから最初の一月一日から課税されます。
もしも年末に不動産を購入すると、すぐに固定資産税が課税されるので、現実に予算を準備しておく必要があります。
不動産の所得は、不動産の本体価格に対しては住宅ローンなどを活用できますが、不動産取得税などの税金分は、自分で準備しなければなりません。
ローンを活用する場合は、住宅ローンとは別途に目的ローンでの契約になります。
ふたつのローンを契約すると、月々の支払いは高額になります。
そこへ固定資産税の課税なので、いつ、どの程度の金額が請求されるのかを事前に把握しておけると安心です。

Copyright(c) 不動産 All Rights Reserved.