banner

banner banner banner

老後における私的年金としても不動産は活用可能

banner 働き盛りの30代から50代を通り過ぎれば、サラリーマンはやがて60代の定年を迎えるときがやってきて、穏やかな第二の人生を歩むことになります。
今まで第一線で働いてきたビジネスマンにとってみれば、長期的な自由時間が手に入るのはうれしいものの、半面でこれまでのような収入がなくなることへの不安は否めません。
働き盛りの時のような勢いで、60代以降も働くのは衰えがあるため不可能だとしても、不動産投資は年齢関係なく行うことができます。
不動産投資を行うことで毎月通帳には一定の金額が入ってきますので、老後の私的な年金として家賃収入は活用可能です。
将来的に不足をする公的年金にはいささか不安を感じるとしても、毎月しっかりと入ってくる不動産投資での、不労所得があれば定年後もお金の心配はなくなります。
夫婦での平均的な年金受給額は23万円ほどとされており、定年後の夫婦の生活費はおよそ毎月27万円前後です。
毎月の年金受給に加えて、家賃収入があることで、お金にも安心の毎日を送りやすくなります。

関東のどこにでも出張してログハウスを建設します

売却相談はマンション売却に強い会社をお選びください

トレーラーハウスを事務所として活用

横浜でオリジナルの注文住宅

浴室乾燥機を交換する際のポイントとは?

banner

不動産一覧

banner 不動産を所有していると、固定資産税が課税されます。
固定資産税の課税対象は、毎年の一月一日に所

不動産を取得した人に課税される固定資産税

banner 資産価値があるのが不動産の強みでもあるため、投資用ローンが利用できるのもメリットです。
金融商

ローンが利用できるのは不動産に資産価値があるため

banner 不動産は自分で利用しない時には売却する方法や、投資をして収益を得ることができます。
収益を得る

不動産投資をすることのメリット

Copyright(c) 2011 不動産 All Rights Reserved.